★☆★ヤマボウシの笑いの泉★☆★
遊び心で綴りました。(笑)動物行動学的考察から18禁話まで幅広い話題の☆徒然日記☆ 気楽にお立ち寄りください。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4.コオロギの求愛

人間と動物、虫、こと求愛行動に関してはあまり変わりありません。
ヒトの場合、女性の気を引くために肉体美、楽器、恋の歌などで気を引くので懸命になりますが、動物も良く似ています。
一般に容姿も鳴き声も雄より雌の方が目立ちます。それは、雌に選択権があるからです。
容姿については、次回にして今回は鳴き声について綴りましょう。
鳥の求愛の鳴き声をスキップして、コオロギの鳴き声にテーマを絞ります。
続く

コウロギの場合、①雌を呼ぶときの鳴き声と②そばにいるときの鳴き声(calling song)③交尾した後の鳴き声(mating song)の3種類あります。
雄を引き寄せるときの鳴き声は、ライバルの雄がいるときの方が美しくよく響きます。
雌がそばにいると雄はいよいよくどきのcalling songを奏でます。ピアニストならさしずめ最初腕前を披露して、ひきつけたらノクターンでロマンチックな気分にさせるといった所でしょうか。
交尾後は、ヒトの場合にはそれでおわりですが、コオロギはアフターフォローがしっかりしていて、ちゃんとmaiting songを奏でます。
この辺は平安時代の貴族が、求愛の和歌を詠み一夜をともにした後、また文を書くという習慣に似ていて面白いですね。

話がそれますが、少し前テレビドラマで「不機嫌なジーン」という番組がありました。めずらしく生物学を題材にしていますが私に言わせるともっと動物のいろいろな求愛行動について紹介しなさいといいたいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:動物ネタエッチ話 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。