★☆★ヤマボウシの笑いの泉★☆★
遊び心で綴りました。(笑)動物行動学的考察から18禁話まで幅広い話題の☆徒然日記☆ 気楽にお立ち寄りください。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12.童貞イヌ
恋愛経験のない男の求愛というのは、本人は一生懸命でも、傍からみていると滑稽です。
皆さんは、武田鉄矢さんと浅野温子さんの「101回目のプロポーズ」というドラマをご存知でしょうか?
モテる男女には、笑えるドラマでしょうが、モテなかった私には、涙なしには見れませんでした。

犬の世界でも、童貞犬は、雌犬に関心を持ってもらおうと一生懸命にまとわりつきますが、見向きもしてもらえません。

童貞イヌ「ク~ン、ク~ン」(翻訳:あの~、ぼ、ぼく、)
淑女イヌ「・・・」
童貞イヌ「ワン、ワン・・」(翻訳:あの、・・・あなたに・・・)
淑女イヌ「・・・」

育種の場合には、狭い交配ケージに入れてしまえばなんとか交尾できるのですが、自然界では通用しません。モテル犬というのは、雌の前で挑む若い雄犬に勝つことのできる犬です。

犬の世界では、喧嘩をしても殺し合いにならず、優劣がはっきりした段階で、負け犬は尻尾を丸めて首をすくめ勝者は足を踏ん張り勝どきを上げます。
人間ならガッツポーズというところでしょうか。
雌犬は、強い犬に弱いのです。
勝ちイヌは、無言であたりまえのように雌イヌに近づきそのまま“合体”です。
ちょうど、遊びなれた男が自信満々で女性にちかずき
「やあ、僕はきみのような素敵な女性を探していたんだ。一緒にお茶のまない?」(白い歯をキラリン☆☆)

こんな感じでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:動物ネタエッチ話 - ジャンル:日記

9.カニの求愛
以前コオロギの求愛について語りましたが今度はカニの求愛です。
ヤマボウシは、ヒトの求愛は自分自身の下手な体験と映画・アダルトビデオでしかみていないので、語るには力不足です。(-_-;)
全てのカニに当てはまる求愛行動ではありませんが、巣穴を作るカニでは繁殖期になると自分の巣穴の前で、ハサミを振りメスを呼び込みます。
巣穴を作るのが下手な横着なカニは、空き缶の穴の前でこれをします。
ハサミは多くのカニで左右非対称ですが、中でもシオマネキは顕著です。
これをやっているのをみるとつい連想してしまうのです。
若者が、派手な車を若いギャルに誇示して「ねえカノジョ、僕の車に乗らない?」
ヤマボウシは、恥ずかしくてとてもできません。

テーマ:動物ネタエッチ話 - ジャンル:日記

4.コオロギの求愛

人間と動物、虫、こと求愛行動に関してはあまり変わりありません。
ヒトの場合、女性の気を引くために肉体美、楽器、恋の歌などで気を引くので懸命になりますが、動物も良く似ています。
一般に容姿も鳴き声も雄より雌の方が目立ちます。それは、雌に選択権があるからです。
容姿については、次回にして今回は鳴き声について綴りましょう。
鳥の求愛の鳴き声をスキップして、コオロギの鳴き声にテーマを絞ります。
続く
[4.コオロギの求愛]の続きを読む

テーマ:動物ネタエッチ話 - ジャンル:日記

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。